ベレヤの会

聖書のスタディ


■聖書(Bible;バイブル)を学ぶ会
新約聖書の時代、パウロはマケドニア地方の町「ベレヤ」に到着し、ユダヤ人の会堂に入ったところ、ここに住んでいるユダヤ人たちは「素直で、非常に熱心に聖書のことばを受け入れ、その通りかどうか、毎日、聖書を調べた」という箇所から、「ベレヤ」と名前を付けました。(使徒言行録17章10-11節)

私たちも聖書が現代に何を語るのか、調べてみたいと思います。心を謙虚にし、聖なる言葉をご一緒に学びましょう。




2011年9月13日 更新
2011年9月3日は台風のため休会となりました。
次回の開催日は2011年10月1日(土)14時からです。
テーマ 「イエス伝:終末と再臨の話」