YGテストweb






あなたの心の成長をはかる

YG性格検査の受験者のためのページです


あなたは、採用試験のときに、あるいは学校で、YG性格検査(YGテスト)と呼ばれる適性検査の受験を経験されたことがあるでしょう。突然の心理テストにとまどいを感じられた想いがあるかもしれません。その時のYG性格検査(YGテスト)の結果はどうだったのだろうという疑問もお持ちかもしれません。YG性格検査が正しく理解され、活用されることも合わせて望んでおります。

このページでは、YG性格検査の疑問にお答えします。企業や団体が求人で適性検査を実施するのは、行動科学として、「この人物はどのような仕事をしてくれる人なのか」を予測するためです。そのように考えますと、適性検査で「採用を避けたい人とは」「就職してほしい人とは」を明らかにしたいと思います。言い換えますと、「人間として社会にふさわしい言動をして欲しい人」を企業や団体は求めているといえます。未熟な人ではなく、大人として、わきまえと責任感があり、人々から信頼を受けるにふさわしい人ともいえます。

このような人とは、どのような人なのかを明らかにしてみたいとおもいます。もし、あなたが学生でしたら、学問をおさめると同時に、このような人間になろうと自らの自画像をイメージされるならば、自然と理想に近い姿に近づいていくことでしょう。そうすれば、どのような適性検査でも自分らしさを発揮する人として相手から選んでもらえると思います。同時に、あなたもどのような人物になりたいのか、あるべき人物像をイメージして努力をなさってください。自己啓発として、このページが活用されましたらうれしいです。

YG性格検査(YGテスト)は人の良し悪しを決めるものではなく、被験者の適性を調べるものです。
学校での検査では一人一人に通知されるでしょうが、企業の採用試験では結果を知らされないのが普通です。
それではYG性格検査はどのように使われるのでしょうか。例えば、営業担当を採用したいという企業側が、どの人を選択するかで迷う場合、面接で好感の持てる人物だが営業の厳しさに耐えられる人だろうかと採用を躊躇するような場合、YG性格検査により、営業マンとしての適性がわかるのです。
企業側がお金を扱う経理担当を採用したい場合、「几帳面な人、口が堅い人、事務をテキパキと処理してくれる人、判断力のある人だろうか」を考慮します。
また、ソフト開発や研究開発の人材を欲しがっている場合、「忍耐強く、1つのことを深く考察する人だろうか」と、面接だけでは判断できない部分をYG性格検査という心理テストによって適性を判定するのに参考にするのです。
YG性格検査が採用試験で使われるメリットがあるのでしょうか。
適性検査をしないで採用試験が行われ、面接だけで判断して採用したとします。採用された人がその職場との適性が合わない時は、ストレスを持ち、成果が上がらないことに悩みながら仕事に従事することになります。これは会社にとっても本人にとってもロスです。
このようなミスマッチを採用する側も求職する側も避けることができます。もし、採用されて職務とアンマッチの場合は、採用された人、企業、双方にとって不幸が発生します。そのために適性検査としてのYG性格検査が行われます。
入社試験に合格して入社後には、YG性格検査の結果として、「5つの類型パターン」を教えられた人もあると思います。
もし、教えられなかった場合は、人事担当の方にお願いして「どのような性格特性であるのか」を教えてもらい、組織内で仕事をする人として成長するために自己啓発するとよいでしょう。

YGテスト=YG性格検査 のことです

ウイズダムマネジメント 長谷川好宏)


エニアグラム