本文へスキップ

受験生のためのYGテストweb

E型・異色型とはHEADLINE

E型と判定され悩んでいる人へ

Q.
私は就職活動をしている大学生です。事前に適性検査のYG性格検査をあるところで受けました。その適性検査の結果は、「E型で異色型、情緒不安定、消極型の人」という判定を受けました。このE型というのは、抑うつ性、感情が不安定、非社交性で内向性というものでした。しかもノイローゼになりやすいということです。自分の性格は、引っ込み思案ですし、決めごとは迷いが多いです。就職も合格する自信がない状態です。もし、就職試験でYG性格検査の適性検査があったらどうしようかと心配でいっぱいです。
ご自分の性格が、「引っ込み思案で、決断に迷いがあり、自信がない」というように自己分析ができていることは強みです。自分の弱みに気づいていない人も多いのです。
就職の面接でそのことが気づいていない人は面接官から直ぐに見抜かれてしまいます。適性より先に人間として未熟だと判定されてしまいます。
就職の面接官は、毎年多くの応募者に応対していますので、「積極的な人、消極的な人、自己顕示欲の強い人、社交性の豊かな人、非社交性だが誠実な人」などを見抜いています。求める人材が組織の中でどのような位置をしめるか、組織全体や将来の組織を描いて人材を求めています。
必ずしも積極的な人、社交性のある人を採用しょうとしているのではありません。
「現場でコツコツと仕事をしてくれる人か」
「オフィスの業務処理で私語をしないで、集中して仕事をしてくれる人か」
「責任感の強い人か」 などを考えています。
ですから自分に正直に飾りなく質問に答えることです。たとえ明るく派手でなくとも、「責任をもって物事をきちんと処理をします。」と答える方がよいのです。自信をお持ちください。
YG性格検査で「E型」と言われて、「E型は情緒不安定、消極型、ノイローゼになりやすい」と説明を受けると余計に弱気になりますね。でも、心配しないでください。
E型は、発想が創造的で他の人が思いつかないことを描く異色の人材です。
情緒が不安定というのは、「感情が揺れ動いたり、自信がなかったり、神経質」ということです。裏返しにすると、「人間味が豊か、人情的です。謙虚で、人を尊敬します。物事に対して慎重で、些細なことでも見落としがない。」という特長があります。
人の性格は、表面と裏面と双方あります。組織の中では、威張らない謙虚な人が望まれます。しかし、E型の得意としている適性がありますので、そこを見てもらうことですし、面接官もYG性格検査で実務において分析する力をもっています。
E型は自分でコツコツと打ち込む仕事に広く適しています。例えば、研究開発・生産技術・SE・プログラマー・専門的業務処理・品質検査・色とか微細な管理の仕事・メンテナンス業務・図書館吏・介護・看護士・化学分析官・芸術家などなど。
実際の事例では、
機器販売会社T社では、営業担当者を毎年採用しています。新人が4ヶ月目にノイローゼ状態で欠勤、「営業は出来ない」という理由でした。まじめな新人でしたので、会社は、メンテナンス部門に配置換えをしました。ところが修理ではどんな箇所でも丁寧に補修をし、お客様に喜ばれ、技術課長にまで昇進しました。その後、適性検査としてYG性格検査を導入し、管理者・監督者の適性を診断した所、この人が「E型」だと分かったのです。今ではT社のメンテナンス係にはE型を配置するようにしているそうです。